CLOSE MENU

ティターニア

ティターニア
  • 地上適正
  • 宇宙適正
ケンプファーをベースとしてノイジー・フェアリー隊により全面改修された機体。
特攻機のような設計思想を嫌った整備班長の判断によって、全身に新規装甲が用意され、その分の重量増加をスラスター増設によりフォローしている。
高性能なジェネレーターの出力を機動性とパワーに割り当てることで、同時代のMSと比較して群を抜いた高機動戦闘を可能としている。ビーム兵器を運用する際にも、機動性に大きな影響が出ないように配慮されているが戦闘継続時間は低下する。
専属パイロットのアルマ・シュティルナーのNT素養と相まって、1年戦争末期の北米戦線において凄まじい戦果を上げた。
妖精の女王の名を冠した機体名は、部隊長であるキリー・ギャレットによって命名された。
TOP