CLOSE MENU

ザクⅡ改<br>[フリッツヘルム仕様]

ザクⅡ改
[フリッツヘルム仕様]
  • 地上適正
  • 宇宙適正
新型機の投入を急ぐあまり、運用面への配慮が足りずに熟練パイロットの機種転換が困難という問題を抱えていたジオン公国軍は、その解決策として、機種間での部品、装備品、操縦系統を共通規格化する「統合整備計画」を実施した。
本機は、その計画にのっとって開発された最終生産型ザクⅡのバリエーション機である。
本来の目的である共通規格化と同時に、豊富な実戦データを元にして、傑作機であるザクⅡの高い汎用性を残したまま、全面的な基本性能の向上に成功している。
フリッツヘルム仕様はBタイプとも呼ばれ、独特な頭部形状以外はザクⅡ改と大きな違いはない。
生産数の少なさからか一年戦争時には確認記録がほぼなく、ラプラス戦争時にトリントン基地を襲撃したジオン残党軍の使用でその存在が確認されている。
一説ではジオン本国の防衛大隊が運用していたともされる。
TOP