CLOSE MENU

インフォメーション

ユニット関連の調整 <2021年9月実施>

■2021/09/30 14:00
ver.0145.0916
■ユニット関連の調整
■汎用タイプ
ジェガン
機体性能 ・格闘補正「25」→「30」に上昇(併せて上位LVも上昇)
副兵装 シールド内2連M・ランチャー×2 ・威力「500」→「550」に上昇(併せて上位LVも上昇)
・リロード「15.0」→「10.0」に短縮
調整意図
・本機は全兵装を駆使して、近~中距離戦で前線維持する運用を想定しておりましたが、
 敵機の体勢を崩せる副兵装の[リロード時間]が長く、前線を維持しづらい場面が多々見受けられ、
 [勝率]及び[与ダメージ]が低下していたため、下記の調整を行いました。

・副兵装「シールド内2連M・ランチャーx2」の[リロード時間]を短縮しました。
 また、本兵装の[威力]と[格闘補正]を強化して、[与ダメージ]を獲得しやすくしました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
500 汎用平均 50.0 48.5 62298 3.0
LV1 48.5 48.1 61104 2.9
550 汎用平均 50.4 49.5 64508 2.9
LV2 48.7 48.5 62634 2.8
ガンダムEz8
機体性能 ・機体HP「13000」→「14500」に上昇(併せて上位LVも上昇)
・耐格闘補正「14」→「18」に上昇(併せて上位LVも上昇)
・高速移動「175」→「180」に上昇
・旋回「54」→「57」に上昇
・LV3機体スキル「スラスター出力強化LV1」を付与
・LV4機体スキル「スラスター出力強化LV2」を付与(併せてLV5にも付与)
格闘主兵装 ビーム・サーベル[先行型強化] ・下格闘攻撃の補正を上昇
調整意図
・本機は高火力な格闘攻撃を活かした近接戦を得意とする機体としておりましたが、
 敵機へ接近する性能が不足しており、格闘攻撃を行う前に撃破されることが多く、
 各種戦績が平均を下回っておりましたので、下記の調整を行いました。

・敵機に接近して格闘攻撃を行いやすくするため、[旋回]性能と[高速移動]を強化しました。
 また、機体LV3以降の戦績が低下傾向にあったため、
 スキル「スラスター出力強化」を各LVの戦績に併せ付与しました。

・格闘攻撃による[与ダメージ]不足を補うため、
 格闘主兵装「ビーム・サーベル[先行型強化]」の[下格闘補正]を強化しました。

・高い[MS損失数]を改善するため、[機体HP]と[耐格闘補正]を強化しました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
350 汎用平均 50.8 50.3 52978 3.1
LV1 48.9 49.5 51403 3.3
400 汎用平均 50.4 49.9 58021 3.1
LV2 48.8 47.9 55333 3.4
450 汎用平均 50.4 48.9 60355 3.0
LV3 47.8 47.8 54683 3.3
500 汎用平均 50.0 48.5 62298 3.0
LV4 47.9 46.2 59680 3.2
550 汎用平均 50.4 49.5 64508 2.9
LV5 47.2 44.4 58798 3.1
■強襲タイプ
ZプラスA1型
機体性能 ・機体スキル「シールド破損姿勢制御LV1」を付与
格闘主兵装 ZプラスA1型用B・サーベル×2 ・下格闘攻撃の補正を上昇
副兵装 ビーム・カノン×2 ・よろけの蓄積値を上昇
・兵装使用後の硬直時間を軽減
調整意図
・本機は高速移動及び変形を駆使して敵へ接近し、高威力の格闘攻撃を行う運用を想定していました。
 しかし敵機の体勢を崩す性能が低く、格闘攻撃を仕掛けづらい状況が多々見受けられ、
 [勝率]及び[与ダメージ]が低下していたため、下記の調整を行いました。

・副兵装「ビーム・カノン×2」の[よろけ蓄積値]を強化し、蓄積によるよろけを獲得しやすくしました。
 また、[使用後の硬直時間]を軽減して格闘攻撃に繋げやすくしました。

・格闘主兵装「ZプラスA1型用B・サーベルx2」の[下格闘補正]を強化し、[与ダメージ]を獲得しやすくしました。

・敵機に接近する際にシールド破壊による体勢の崩れを防ぐため、スキル「シールド破損姿勢制御LV1」を付与しました。

・変形時の副兵装「ビーム・カノン×2(変形)」の[ヒート率]を強化し、蓄積によるよろけを獲得しやすくしました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
600 強襲平均 51.1 51.6 77498 3.0
LV1 47.3 42.1 68844 3.2
650 強襲平均 51.4 52.6 79683 3.1
LV2 47.9 40.7 67986 3.2
700 強襲平均 49.9 46.0 77655 3.2
LV3 48.0 40.1 69789 3.0
ZプラスA1型<変形時>
機体性能 ・機体スキル「シールド破損姿勢制御LV1」を付与
副兵装 ビーム・カノン×2(変形) ・ヒート率「30%」→「25%」に軽減
ディジェ(CA)
射撃主兵装 ディジェ(CA)用B・ライフル ・リロード「25.0」→「20.0」に短縮
副兵装 ディジェ(CA)用S・ファウスト ・クールタイム「10.0」→「8.0」に短縮
・リロード「35.0」→「30.0」に短縮
・兵装の切り替え時間を短縮
調整意図
・本機は豊富な射撃兵装を用いた近~中距離戦が得意な機体としておりましたが、
 各種兵装の[リロード時間]や、[兵装切り替え時間]及び[クールタイム]が長いため、
 攻撃(追撃)機会の損失を招き、[勝率]と[与ダメージ]が低下していました。
 これを改善するため下記の調整を行いました。

・攻撃の機会と[与ダメージ]を獲得しやすくするため、
 射撃主兵装「ディジェ(CA)用B・ライフル」の[リロード時間]を短縮しました。
 さらに、副兵装「ディジェ(CA)用S・ファウスト」の
 [使用後クールタイム][兵装切り替え時間][リロード時間]も短縮しました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
650 強襲平均 51.4 52.6 79683 3.1
LV1 48.0 46.2 70847 3.0
ゲルググ・ウェルテクス
機体性能 ・スラスター「80」→「85」に上昇
・機体スキル「緊急回避制御LV1」を「LV2」に上昇(併せて上位LVも上昇)
格闘主兵装 ゲルググ・V用ビーム・ナギナタ ・LV2威力「2730」→「2850」に上昇
副兵装 ゲルググ・V用ビーム・ランサー ・LV2威力「2415」→「2550」に上昇
機体スキル 急速旋回 ・スキル使用中の被ダメージ「50%」→「30%」に軽減
・スキル使用時のスラスター消費量を軽減
調整意図
・本機は高い機動力と2種類の格闘兵装を駆使した、近~中距離戦を得意とする機体としていました。
 しかし機体サイズが大きい故に敵機へ接近しづらく、射撃攻撃中心の運用になってしまい、
 各種戦績が平均を下回っていましたので、下記の調整を行いました。

・敵機へ接近しやすくするため、[スラスター]の強化とスキル「緊急回避制御LV1」のLVを上昇しました。
 これにより生存性も向上するため、[MS損失数]も低下する見込みです。

・スキル「急速旋回」使用時のリスク(ダメージ増加とスラスター消費)が高く、
 使用しづらい状態であったため、効果を緩和しました。

・機体LV2以降の戦績が低下傾向にありましたので、
 格闘兵装の[威力]を強化し、[与ダメージ]を獲得しやすくしました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
600 強襲平均 51.1 51.6 77498 3.0
LV1 48.7 47.9 75396 3.2
650 強襲平均 51.4 52.6 79683 3.1
LV2 46.5 42.2 65554 3.2
ジム・ガードカスタム
機体性能 ・旋回「45」→「48」に上昇
射撃主兵装 E-2ビーム・スプレーガン ・よろけの蓄積値を上昇
格闘主兵装 G・Gカスタム用ビーム・ダガー ・威力「2200」→「2300」に上昇(併せて上位LVも上昇)
・クールタイム「2.5」→「2.0」に短縮
調整意図
・本機は高耐久の大型シールドを駆使して、敵の攻撃を受け止めつつ強襲する機体としていました。
 しかし中距離戦において敵機の体勢を崩しづらく、逆に接近前に体勢を崩されることが多く、
 [勝率]及び[与ダメージ]が低下していたため、下記の調整を行いました。

・射撃主兵装「E-2ビーム・スプレーガン」の[よろけ蓄積値]を強化することで、
 中距離戦で敵機の体勢を崩しやすくしました。

・格闘主兵装「G・Gカスタム用ビーム・ダガー」の[威力]を強化しました。
 また、[使用後クールタイム]も短縮して格闘攻撃後の格闘による追撃を繋げやすくしました。
 これにより[与ダメージ]も獲得しやすくしました。

・[旋回]性能の強化を行い、近距離戦において敵機を捉えやすくしました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
300 強襲平均 52.5 53.5 55122 3.8
LV1 48.3 46.3 47718 3.1
350 強襲平均 51.4 52.7 59930 3.7
LV2 48.2 42.1 50517 3.0
400 強襲平均 51.1 51.2 65555 3.6
LV3 48.3 46.3 58222 2.7
ジーライン・ライトアーマー
機体性能 ・スピード「130」→「135」に上昇
・高速移動「215」→「220」に上昇
・機体スキル「シールド破損姿勢制御LV1」を付与
・LV1機体スキル「マニューバーアーマーLV1」を「LV2」に上昇
・LV2機体スキル「マニューバーアーマーLV1」を「LV2」に上昇
・LV3機体スラスター「65」→「70」に上昇(併せて上位LVも上昇)
・LV3機体スキル「スラスター出力強化LV1」を付与(併せてLV4にも付与)
・LV3機体スキル「アサルトブースターLV1」を「LV2」に上昇
・LV4機体スキル「アサルトブースターLV1」を「LV3」に上昇
副兵装 ミサイル・ランチャー・ユニット ・リロード「15.0」→「12.0」に短縮
・よろけの蓄積値を上昇
調整意図
・本機は高い機動力を駆使した、一撃離脱戦法を得意とする機体としていました。
 しかし敵機への接近中に足止めされやすく、格闘攻撃にも繋げにくい状態となっており、
 [勝率]及び[与ダメージ]が低下しておりましたので、下記の調整をしました。

・副兵装「ミサイル・ランチャー・ユニット」の[よろけ蓄積値]を強化し、
 敵機の体勢を崩しやすくするとともに[リロード時間]を短縮することで、
 格闘攻撃を行う機会を獲得しやすくしました。

・敵機に足止めをされづらくするため、
 全機体LVにスキル「シールド破損姿勢制御LV1」を付与しました。
 また、機体LV1と2のスキル「マニューバーアーマーLV1」のLVを上昇、
 機体LV3と4のスキル「アサルトブースターLV1」のLVを上昇させました。

・敵機に接近しやすくするため[高速移動]と[スピード]を強化しました。
 さらに機体LV3と4は[スラスター]の強化と、スキル「スラスター出力強化LV1」を付与しました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
400 強襲平均 51.1 51.2 65555 3.6
LV1 48.4 49.1 64867 3.3
450 強襲平均 51.6 51.0 66466 3.4
LV2 48.4 49.4 64386 3.2
500 強襲平均 50.9 50.8 69126 3.4
LV3 46.5 47.7 62357 3.3
550 強襲平均 50.6 50.2 75103 3.1
LV4 46.2 46.2 69850 3.3
ガンダム試作2号機[BB仕様]
機体性能 ・LV1機体スキル「アサルトブースターLV1」を「LV2」に上昇(併せてLV2も上昇)
・LV3機体スキル「アサルトブースターLV1」を「LV3」に上昇(併せてLV4も上昇)
・LV3機体スキル「スラスター出力強化LV1」を付与
・LV4機体スキル「スラスター出力強化LV2」を付与
射撃主兵装 試作2号機用ビーム・バズーカ ・集束射撃がヒットした際のよろけを大よろけに変更
格闘主兵装 大出力ビーム・サーベル ・左右、下格闘攻撃の補正を上昇
調整意図
※本機は2021年4月に調整をしておりますが、[勝率]と[与ダメージ]が想定を下回っておりましたので、再度調整をしました。
・前回の調整にて射撃主兵装の[よろけ蓄積値]と格闘攻撃で[与ダメージ]を獲得しやすくする調整を行いましたが、
 依然として攻撃機会を得ることが難しく、格闘攻撃を行えても火力不足だったため、
 想定よりも[与ダメージ]が獲得しづらい状態でしたので、以下の調整をしました。

・射撃主兵装「試作2号機用ビーム・バズーカ」の集束射撃時の
 敵機に与えるリアクションを強化することで、格闘攻撃に移行しやすくしました。
 また、格闘主兵装「大出力ビーム・サーベル」の[左右/下格闘補正]の強化を行い、[与ダメージ]を獲得しやすくしました。

・機体LV3以降の戦績が低下傾向にありましたので、
 機体LV3にスキル「スラスター出力強化LV1」を付与、
 機体LV4にスキル「スラスター出力強化LV2」を付与しました。

・スキル「アサルトブースターLV1」のLVを上昇させることで、高所の敵機にアクセスしやすくしました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
550 強襲平均 50.6 50.2 75103 3.1
LV1 48.2 48.2 69454 2.9
600 強襲平均 51.1 51.6 77498 3.0
LV2 47.9 49.1 71395 2.9
650 強襲平均 51.4 52.6 79683 3.1
LV3 46.9 40.6 67085 2.9
700 強襲平均 49.9 46.0 77655 3.2
LV4 46.4 40.4 69196 2.9
■支援タイプ
ガンキャノン・ディテクター
機体性能 ・スピード「115」→「120」に上昇
・スラスター「50」→「60」に上昇
射撃主兵装 GC・D専用B・ライフル[GN] ・ヒート率「85%」→「80%」に軽減
副兵装 ビーム・キャノン×2 ・ヒート率「90%」→「85%」に軽減
・リロード「25.0」→「20.0」に短縮
副兵装 GC・D専用B・R付属グレネード ・リロード「15.0」→「10.0」に短縮
調整意図
・本機は豊富な射撃兵装を駆使することで前線を支援する機体としておりましたが、
 各種射撃兵装が弾切れを起こしやすく、想定よりも攻撃を行えていない状態となっており、
 各種戦績が平均を下回っておりましたので、下記の調整をしました。

・射撃主兵装「GC・D専用B・ライフル[GN]」の[ヒート率]、
 副兵装「ビーム・キャノン×2」の[ヒート率][リロード時間]、
 副兵装「GC・D専用B・R付属グレネード」の[リロード時間]を軽減することで、攻撃機会を得られやすくしました。

・[MS損失数]を改善するため、[スピード]と[スラスター]の強化を行い、射撃戦の行える距離を維持しやすくしました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
450 支援平均 52.0 50.7 64114 3.0
LV1 48.4 47.2 62189 3.3
500 支援平均 51.7 50.3 65345 2.9
LV2 48.3 48.5 61675 3.1
零式弐型(AR)
機体性能 ・機体HP「14000」→「15000」に上昇(併せて上位LVも上昇)
副兵装 ビーム・キャノン ・兵装の切り替え時間を短縮
・兵装使用後の硬直時間を短縮
副兵装 零式弐型用ビーム・ライフル ・威力「600」→「650」に上昇(併せて上位LVも上昇)
調整意図
・本機はスキル「フライトシステム」を活用した視覚外からの奇襲攻撃を得意とする機体としておりましたが、
 副兵装の扱いにくさや射撃攻撃による[与ダメージ]の低さが相まって、
 各種戦績が平均を下回っておりましたので、下記の調整をしました。

・短時間での[与ダメージ]を獲得しやすくするため、
 副兵装「零式弐型用ビーム・ライフル」の[威力]を強化しました。

・副兵装「ビーム・キャノン」の[使用時の硬直時間]を短縮することで、射撃後の被弾リスクを軽減させました。
 また、射撃攻撃によるコンボに使用しやすくするために[武器の変更時間]を短縮しました。

・高い[MS損失数]を改善するため、[機体HP]を強化し、生存性を向上させました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
550 支援平均 51.0 49.2 64364 2.9
LV1 48.7 45.7 61807 3.1
600 支援平均 50.3 47.3 67827 3.0
LV2 48.3 41.9 63541 3.2
BACK
TOP