CLOSE MENU

インフォメーション

ユニット関連の調整 <2020年8月実施>

■2020/08/27 14:00
ver.0131.0493
■ユニット関連の調整
■汎用タイプ
ザクⅡ後期型
機体性能 ・射撃補正「10」→「20」に上昇(併せて他LVも上昇)
・LV2機体HP「13750」→「14000」に上昇(併せてLV3も上昇)
調整意図
・[出撃割合]と[勝率]を上昇させるための調整となります。

・本機体は複数の射撃兵装を保有していますが、
 射撃補正が低いため射撃ダメージを与えにくいことが[勝率]を下げている主な原因でした。

・そのため射撃によるダメージを上昇させるべく射撃補正を強化。
 これだけでは勝率は50%まで上昇しないため、LV2以降に関してはHPも強化しました。

参照データ COST 機体LV 出撃割合 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
300 LV1 1.91% 47.3 45.4 45038 3.4
汎用平均 50.4 49.6 47828 3.3
350 LV2 0.70% 46.6 43.3 48298 3.2
汎用平均 49.7 48.3 51561 3.2
400 LV3 0.17% 46.5 42.6 49031 3.1
汎用平均 49.7 48.4 53093 3.0
ジム[WD隊仕様]
機体性能 ・LV2機体スピード「110」→「115」に上昇
・LV2機体中距離パーツスロット「7」→「11」に増加
・LV3機体スピード「110」→「120」に上昇
・LV3機体中距離パーツスロット「8」→「12」に増加
射撃主兵装 初期試作型ビーム・ライフル ・威力「5250」→「5600」に上昇(併せて他LVも上昇)
調整意図
・[出撃割合]と[勝率]を上昇させるための調整となります。

・最大の特徴である主兵装の「初期試作型ビーム・ライフル」の威力は強力ですが、
 使用後は長時間攻撃できないハイリスク・ハイリターンな兵装です。
 このリスクこそがが[勝率]の低さに紐づいているのですが
 これが特徴(クセ)でもあるため、あえてリスクはそのまま残してリターンを増やす調整としました。

・調整内容は「初期試作型ビーム・ライフル」の威力の上昇幅を強化。
 かつLV2以降に関しては上記調整のみでは[勝率]が50%まで到達しないと判断して、
 カスタムパーツのスロット枠数とスピードを強化しました。

参照データ COST 機体LV 出撃割合 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
300 LV1 0.82% 48.2 46.0 49429 3.1
汎用平均 50.4 49.6 47828 3.3
350 LV2 0.24% 46.7 44.3 52485 2.9
汎用平均 49.7 48.3 51561 3.2
400 LV3 0.11% 44.5 36.4 47150 2.8
汎用平均 49.7 48.4 53093 3.0
バーザム
機体性能 ・LV2機体HP「16500」→「17500」に上昇
・LV2耐実弾補正「21」→「24」に上昇
・LV2耐ビーム補正「21」→「24」に上昇
射撃主兵装 バーザム用ビーム・ライフル ・集束「4.5」→「3.5」に短縮
調整意図
・本機体の[与ダメージ]は平均値以上の数値ですが、
 主兵装の「バーザム用ビーム・ライフル」の通常射撃では敵機の体勢を崩しにくいため、
 前線維持と味方チームへの貢献がしづらく、[勝率]に結びついていない状態でした。

・そのため「バーザム用ビーム・ライフル」の収束完了時間を早めて、収束攻撃で敵機の体勢を崩しやすくしました。
 また、LV2に関しては上記調整のみでは[勝率]が50%まで到達しないと判断し、防御力の強化も行いました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
450 LV1 48.7 52.4 61394 3.0
汎用平均 49.3 47.4 53131 3.0
500 LV2 45.2 42.2 59153 3.0
汎用平均 48.1 44.3 54470 2.9
ジーライン・スタンダードアーマー
副兵装 ガトリングスマッシャー・ユニット ・LV2威力「65」→「70」に上昇(併せてLV3も上昇)
調整意図
・本機体は中距離からの弾幕形成や追撃等で使用する「ガトリングスマッシャー・ユニット」を装備しており、
 LV1の各種戦績は許容範囲内となっていますが、LV2以降は[勝率]が平均値を大きく下回っていました。

・原因は単純な火力不足とみて、本機体の主なダメージソースである「ガトリングスマッシャー・ユニット」の
 威力強化を行い、射撃戦での攻撃力を高めました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
400 LV1 49.0 50.9 54513 3.1
汎用平均 49.7 48.4 53093 3.0
450 LV2 47.1 48.0 52714 3.0
汎用平均 49.3 47.4 53131 3.0
500 LV3 47.4 45.8 53856 2.8
汎用平均 48.1 44.1 54129 2.9
ザクⅠ(GS)
機体性能 ・LV2機体HP「12000」→「13000」に上昇(併せてLV3も上昇)
・LV2格闘補正「17」→「24」に上昇(併せてLV3も上昇)
射撃主兵装 ラケーテン・バズ ・LV2威力「1732」→「1800」に上昇(併せてLV3以降も上昇)
調整意図
・[出撃割合]と[勝率]を上昇させるための調整となります。

・本機体は鈍足ですが他機種の高威力の兵装を装備できる特徴があります。
 しかし戦場のCOSTが高まるにつれて特徴が薄れ、LV2以降の[勝率]と[与ダメージ]が低下していました。

・調整内容は本機体の「鈍足だが強力な攻撃ができる特徴」をさらに伸ばす対応としました。
 主に攻撃力を強化することで攻撃成功時のリターンを増加、かつ[MS損失数]もやや高いため防御力も強化しました。

参照データ COST 機体LV 出撃割合 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
300 LV1 0.62% 49.2 45.6 47757 3.4
汎用平均 50.4 49.6 47828 3.3
350 LV2 0.10% 46.6 42.2 49571 3.2
汎用平均 49.7 48.3 51561 3.2
400 LV3 0.06% 46.7 40.5 48697 3.2
汎用平均 49.7 48.4 53093 3.0
ドム・トローペン
機体性能 ・機体スキル「廃熱効率適正化LV1」を付与
・LV2機体HP「14250」→「15000」に上昇(併せてLV3以降も上昇)
・LV3以降の機体スキル「脚部特殊緩衝材LV1」を「LV2」に上昇
射撃主兵装 ラケーテン・バズ ・LV2威力「1732」→「1800」に上昇(併せてLV3以降も上昇)
調整意図
・本機体のLV1の[勝率]は許容範囲ですが、機体サイズが比較的大きくダメージを受けやすいため[MS損失]が多く、
 LV上昇に伴い戦績が低くなっている状態でした。

・調整内容は機体の大きさをフォローするため主にLV2以降の防御&機動力を強化、
 LV上昇に伴い低下している[与ダメージ]も伸ばすために「ラケーテン・バズ」の威力も強化しました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
350 LV1 49.1 46.1 49449 3.4
汎用平均 49.7 48.3 51561 3.2
400 LV2 47.4 41.6 47618 3.2
汎用平均 49.7 48.4 53093 3.0
450 LV3 45.9 39.6 46390 3.1
汎用平均 49.3 47.4 53131 3.0
500 LV4 44.1 34.3 47132 3.2
汎用平均 48.1 44.3 54470 2.9
零式
機体性能 ・射撃補正「30」→「40」に上昇(併せてLV2も上昇)
射撃主兵装 零式用ビーム・ライフル ・威力「1200」→「1300」に上昇(併せてLV2も上昇)
・ヒート率「25%」→「20%」に改善
・よろけの蓄積値を上昇
・集束射撃時のヒート率を軽減
調整意図
・機体の射撃補正および射撃主兵装「零式用ビーム・ライフル」の威力が低く、敵機の体勢も崩しにくいため、
 前線維持と味方チームへの貢献がしづらく、[勝率]に結びついていない状態でした。

・そのため機体の射撃補正と、「零式用ビーム・ライフル」の威力・よろけ蓄積値などを強化しました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
550 LV1 45.3 39.2 55786 2.9
汎用平均 50.9 49.4 62840 2.8
600 LV2 45.8 42.2 55549 2.7
汎用平均 50.1 47.9 58088 2.6
■強襲タイプ
ボリノーク・サマーン
機体性能 ・機体HP「17500」→「19000」に上昇(併せてLV2も上昇)
・耐実弾補正「16」→「25」に上昇(併せてLV2も上昇)
・耐ビーム補正「9」→「18」に上昇(併せてLV2も上昇)
・高速移動「210」→「225」に上昇
・スラスター「65」→「75」に上昇
・機体スキル「背部特殊緩衝材LV2」を「LV3」に上昇
・機体スキル「右腕装備特殊緩衝材LV2」を「LV3」に上昇
副兵装 肩部グレネード・ランチャー ・よろけの蓄積値を上昇
調整意図
・本機体はヒットボックスが大きく被弾しやすいため[MS損失]が高く、[与ダメージ]も平均を下回る状態でした。

・そのため各種防御性能を上昇させ、
 かつ特徴である「偽装伝達装置」で敵チームをかく乱しやすくなるように機動力も強化しました。
 また、接近する際に高速移動中に使用可能な「肩部グレネード・ランチャー」の「よろけ蓄積値」を上げ、
 支援機を足止めしやすくする事で、攻撃の機会をより得られるようにしました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
500 LV1 44.2 36.7 55832 3.6
強襲平均 49.8 46.3 57295 3.2
550 LV2 44.6 37.8 61399 3.5
強襲平均 50.5 49.3 65653 3.0
■支援タイプ
ザク・キャノン[ラビットタイプ]
副兵装 ビッグ・ガン ・威力「250」→「330」に上昇(併せて他LVも上昇)
・ヒット判定を拡大し命中させやすく改善
・連射性能を上昇
・よろけの蓄積値を上昇
調整意図
・本機体は類似機体の「ザク・キャノン」と比較して低LVの射撃主兵装しか装備できないため、
 副兵装の「ビッグ・ガン」を活用することで高いダメージを与える運用方法としていました。
 しかし「ビッグ・ガン」の性能が劣っていたため[与ダメージ]が伸びず、[勝率]も低い状態でした。

・そのため本機体の特徴である副兵装「ビッグ・ガン」の威力やヒット判定等、全般的な強化を行いました。

参照データ COST 機体LV 勝率 ライバル勝率 与ダメージ MS損失数
250 LV1 44.7 39.2 42171 3.0
支援平均 51.5 50.9 46034 2.8
300 LV2 46.5 41.2 45212 2.9
支援平均 51.4 51.4 50177 2.8
350 LV3 48.0 44.8 47654 2.9
支援平均 51.8 50.3 52489 2.8
BACK
TOP